のりもの

のせてのせて100かいだてのバス

 作 :マイク・スミス

 絵 :ふしみ みさを

価 格:¥1,300円+税

出版社:ポプラ社

あらすじ

バスがいつもとちがう道をまがったったら、それがゆかいな旅のはじまり! 

「あのみちは、いったい どこへ つづいているんだろう?」

毎日おなじことのくりかえしにうんざりしていた、バスの運転手は、ある日、いままで見たことのない細い道へ入っていきます。つぎつぎとお客さんを乗せるたびに、バスはどんどん階をかさね、ついには100かいだてになってしまいます!

行き先がわからないので不安だけど、乗客はとてもわくわくしていることろが、子どもの次はどうなるんだろうという興味をそそります。
100階建てになるところは仕掛けになっており、仕掛けをめくると、見事な100階建てのバスが大迫力のバスに!
親子で一緒に数えながら読んだら盛り上がること間違いなし!!

がたん ごとん がたん ごとん

 作 :安西 水丸

価 格:本体800円+税

出版社:福音館書店

あらすじ

がたんごとんがたんごとんと、まっ黒な汽車がやってきます。駅で待っているのは哺乳瓶。「のせてくださーい」と言って汽車に乗り込みます。ふたたび出発し、がたんごとんと次の駅へ行くと、こんどはコップとスプーンが「のせてくださーい」。さらに次の駅では、リンゴとバナナが、ネコとネズミが「のせてくださーい」。みんなをのせて汽車は「がたんごとん」と終着駅へ。そこは……。くり返しのリズムが楽しい赤ちゃん絵本です。

電車が停まるたびに増えていく乗客に、次は何が乗ってくるんだろうと想像するようになります。
終点に着いて絵本を読み終わっても、また最初から読み始めたくなるというシンプルな繰り返し絵本!
電車のきれいな色の組み合わせや、表情の変化も楽しめる絵本です。

いきもの(さがし遊び)

きんぎょがにげた

 文 :五味太郎

価 格:¥900円+税

出版社:福音館書店

あらすじ

きんぎょが1ぴき、金魚鉢からにげだした。どこににげた? カーテンの赤い水玉模様の中にかくれてる。おや、またにげた。こんどは鉢植えで赤い花のふり。おやおや、またにげた。キャンディのびん、盛りつけたイチゴの実の間、おもちゃのロケットの隣……。ページをめくるたびに、にげたきんぎょがどこかにかくれています。子どもたちが大好きな絵探しの絵本。小さな子も指をさしながらきんぎょを探して楽しめます。

1ぴきのきんぎょがページをめくるたびに逃げていき、最初は簡単に見つけられますが、だんだん探すのが難しくなっていきます。単純なストーリーですが、何度も何度もきんぎょを探してみたくなる幼児にぴったりな1冊です。

うずらちゃんのかくれんぼ

 文 :きもと ももこ

価 格:¥900円+税

出版社:福音館書店

あらすじ

うずらとひよこがかくれんぼを始めました。色と形を上手に使って、花に隠れたり、ひょうたんに隠れたり……。うずらちゃんと一緒に、楽しいかくれんぼ遊びのできる絵本です。

うずらちゃんとひよこちゃんの声の掛け合いで、自分で探し出す喜びが生まれ、いつの間にか絵本に夢中になっていきます。
鮮やかな色使いも見どころの一つです。

ふゆ

てぶくろ

 絵 :エウゲーニー・M・ラチョフ

 :内田 莉莎子

価 格:¥1,000円+税

出版社:福音館書店

あらすじ

おじいさんが森の中に手袋を片方落としてしまいます。雪の上に落ちていた手袋にネズミが住みこみました。そこへ、カエルやウサギやキツネが次つぎやってきて、「わたしもいれて」「ぼくもいれて」と仲間入り。手袋はその度に少しずつ大きくなっていき、今にもはじけそう……。最後には大きなクマまでやって来ましたよ。手袋の中はもう満員! そこにおじいさんが手袋を探しにもどってきました。さあ、いったいどうなるのでしょうか?

最初はただの手袋なのに、次から次へとやってくる動物を入れてあげて、まだ入る、まだ入るとハラハラドキドキする展開に子どもたちも引き込まれていきます。
日本で1965年に発売され、今でも子どもたちに読みつがれている一冊です。

14ひきのさむいふゆ

 作 :いわむら かずお

価 格:¥1,200円+税

出版社:童心社

あらすじ

風がなる、雪がまう。さむいふゆ。ストーブがもえているあたたかいへやで、おばあちゃんは、おまんじゅう作り。おじいちゃんは、そり作り。

雪がやんだ、まぶしいな、白い森、青い空。みんなでそりあそび、たのしいな。

夜。また、ふりだした雪。おやすみなさい、ゆきだるま。

とても寒い冬だけど、14ひきの家族みんなが冬を楽しんでいる様子にほっこりします。自分も子供の頃雪で遊んだことを思い出し、どこか懐かしい気分にしてくれるところがオススメです。
子どもたちも、今年の冬は雪が降ると外で思いっきり遊びたくなるのではないでしょうか。

クリスマス

さむがりやのサンタ

作・絵:レイモンド・ブリッグズ

 訳 :菅原 啓州

価 格:本体1,200円+税

出版社:福音館書店

あらすじ

「やれやれまたクリスマスか! 」面倒くさそうに目を覚ましたのは、サンタクロース。寒さに愚痴をいい、煙突に文句をいいながら町の子どもたちにプレゼントを配ります。南の島に憧れながら、一日の仕事をおえると、お風呂にはいり、ビールを一杯飲んで、ごちそうを楽しみます。トナカイたちにおいしいえさをあげることも忘れていません。皮肉屋だけど実はやさしい、人間味あふれるサンタクロースを描いたクリスマスにぴったりの絵本です。

タイトルに惹かれてページをめくると・・・コミックのような細かなコマ割りの絵本でした。サンタクロースの、なんとも人間味あふれていること!!ブツブツとつぶやきながらも、ペット達の世話をし、身支度もきちんとする。「こんなサンタさん本当にいそうだな」と、大人も思ってしまうような素敵なお話です。

クリスマス・オールスター

 文 :中川 ひろたか

 絵 :村上 康成

価 格:定価1,430円 (本体1,300円+税)

出版社:童心社

あらすじ

おひなさまやこいのぼりたちもクリスマスがしたいといいだして、勢揃いのゆかいなクリスマス!

とってもにぎやかな子どもたちにとってのスターが勢揃いします♪これを読むと、今年のクリスマスを迎えるのが一層楽しみになる!そんな一冊です。

美術館

ペネロペ ルーヴルびじゅつかんにいく

 文 :アン・グットマン

 絵 :ゲオルグ・ハレンスレーベン

 訳 :ひがし かずこ

価 格:本体1,900円+税

出版社:岩崎書店

あらすじ

ペネロペはパリのルーヴル美術館へおじいちゃんとでかけました。モナ・リザ、スフィンクス、ミロのヴィーナスを見たペネロペは?

親子で楽しめる一冊です♪ペネロペのいたずらに、ちょこっとドキドキしながらも楽しい仕掛けがたくさんあります。

うさこちゃん びじゅつかんへいく

作・絵:ディック・ブルーナ

 訳 :まつおか きょうこ

価 格:本体価格:¥700+税

出版社:福音館書店

あらすじ

うさこちゃんが初めて美術館へ行くお話です。お父さん、お母さんと、三人で行きました。ほんものそっくりのりんごの絵を見たり、うさこちゃんにそっくりだけど、青いうさぎの彫刻を見たりして、うさこちゃんは大満足で帰りました。そして、うさこちゃんは思いました。大きくなったら、画家になるの! 具象、抽象、立体、彫刻など、美術の主なジャンルをとりあげて紹介する形になっており、小さな子の美術館入門にはぴったりの一冊です。

子ども達の感性って素敵だなぁと感じます。素直な視点で楽しむうさこちゃんが、なんとも愛らしい絵本です。初めて美術館に行く前に読んでみるのをオススメします。

くだもの

りんごくんがね‥

作・絵:とよた かずひこ

価 格:定価935円 (本体850円+税)

出版社:童心社

あらすじ

よあけまえ、木からとびおりたりんごくん。にんじゃすがたで、すたすたすたすた……いそいでいます。うさぎにおわれ、カラスにつかまっても……「しんぱい ごむよう!」。うさぎりんごになって最後にたどりついたのは、お弁当箱の中でした。さあ、みんなもいっしょに、「えんそくにしゅっぱーつ!」。

りんごくんが忍者に!!なんとも可愛らしい姿です。急いでいるりんごくんは、どこに向かっているんだろう・・・納得の結末に思わず笑顔になります。動きを表す擬音も心地よく、読み聞かせにピッタリの一冊です。

くだもの なんだ

作・絵:木内 勝

価 格:本体1,000円+税

出版社:福音館書店

あらすじ

おや、これは何だろう?つぎつぎに不思議な形のシルエットが登場。眺めているうちにどんどん想像が広がって、いろんなものに見えてきます。ページをめくると答えのくだものが…。子どもたちは、時にはとっぴな答えを思いつくかもしれませんが、それこそが、この絵本を楽しむ醍醐味と言えます。作者のきうちかつさんは、遊びの名人です。子どもたちに想像する楽しさと、身近な物の美しい形を発見する喜びを味わわせてくれます。

くだものの形や中身について学べる絵本です。クイズのようにお子さんと一緒に楽しめますよ。

きのこ

いれていれて

 作 :かとう まふみ

価 格:本体1,100円+税

出版社:教育画劇

あらすじ

大きな森に雨がふり、そこにちょうどいいきのこ。

ありさんが雨宿りしていると他の動物も「いれていれて」と、やってきた。

もういっぱいなのに、なぜだかみんな入れてしまい???

本物のきのこが一気に大きくなる姿に

着想を得たかわいさあふれる絵本です。

ページをめくるたびに、ずんずん大きくなっていくきのこに、

読者の子ども達の釘付けです。

どことなくノスタルジックな絵に引き込まれます。
有名なロシア民話を連想させるお話ですが、雨宿りに来た動物たちに最後は。。。とても可愛らしいお話です。

ナミチカのきのこがり

 作 :降矢 なな

価 格:本体1,300円+税

出版社:童心社

あらすじ

ナミチカがおじいちゃんと初めてのきのこがりに出かけると、おもしろいキノコが次々に現れます。

食べられるキノコを探しながら行くうちに、丸く輪になっている赤いキノコが見つかりました!ふしぎなことに……。

初めてきのこ狩りにでかけたナミチカの前に、なんと自分の帽子とそっくりなきのこが。きのこに夢中になるナミチカの周りで繰り広げられる、妖艶なきのこの魅力にたっぷり触れられることでしょう。

夏とおとうとと

 作 :ふくだいわお

価 格:本体1,300円+税

出版社光村教育図書

あらすじ

ある夏の日、弟と遊びに出かけたぼく。幼い弟は何かと足手まといで思い通りに遊べない。ところが山に入り、虫取りに夢中になっていると、後ろにいるはずの弟がいなくなっていて……。ひと夏の出来事を通して少年の成長を描く。

お兄ちゃんについていく小さい弟と、そんな弟に付きまとわれなかなか思うように動けない兄の夏の物語。自然への興味、時間への焦り、弟がいなくなる不安、見つかったときの安堵、すべてが短時間のうちに起こります。小さい頃を思い出してどこかキュンと切なくなるお話です。

ありとすいか

 作 :たむらしげる

価 格:本体1,300円+税

出版社ポプラ社

あらすじ

ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで - - - 。

パキっとしたカラーとアウトラインが可愛らしいイラストで、たくさんいるアリがどこで何をしているのか細かい箇所までお子さんと一緒に探すのも楽しめる絵本です。

おばけ

おばけのアイスクリームやさん

 作 :安西 水丸

価 格:本体850円 +税

出版社教育画劇

あらすじ

どうぶつたちがアイスクリームやさんに次々やってきます。擬音語とみんな大好きなアイスクリームの楽しい絵本。

優しいおばけと可愛いアイスクリームの組み合わせ。読んでいてほのぼのする絵本です。お話も短く繰り返しなので、楽しんで見ることができますよ。暑くなる季節におススメの絵本です。

おばけのやだもん

作・絵:ひらのゆきこ

価 格:本体1,000 円+税

出版社教育画劇

あらすじ

やだやだ、だだっこは、やだもんがくっついておばけにしちゃうぞ!おばけのやだもんは、今日もだだをこねる子を探しているよ。そんなやだもんが歯を磨かないさっちゃんに会うと・・・

おばけのやだもんはやだやだいう子がだいすき!やだやだ言っているとおばけがとりついてしまうよ~と言いながら親子で楽しめる絵本です。小さなお子さんには効き目があるかも⁈

雨を楽しむ

おさんぽおさんぽ

作・絵:広野 多珂子

価 格:本体800 円+税

出版社福音館書店

あらすじ

雨上がりに、長靴を履いて外へ出かけると、いろいろなものに出会います。ようく地面を眺めてください。そこにはカエル、カタツムリ、まだ濡れた草花、それに大きな水たまり。水たまりを見つけたら、子どもは飛び込みたくて仕方ありません。まずは片足をバシャ。勢いづいたら両足でバシャバシャ。ついには長靴も脱ぎだしてバシャバシャバシャ。雨の日に読めば、楽しいおさんぽに出かけた気分になれますよ。

目を引く表紙の長靴。この絵本を読んだら、きっとお出かけしたくなりますよ。汚れてもよい服で、長靴を履いて
お出かけしてみてはいかがでしょうか。雨の日は子どもにとって特別な日であることを感じることができると思います。

かささしてあげるね

作・絵:こいで やすこ

価 格:本体900 円+税

出版社福音館書店

あらすじ

雨が降ってきました。傘を持っていないなっちゃんが、困って道ばたで立ちすくんでいると、「かさ かしてあげる」と、ありさんがクローバーの傘を持ってやってきました。続いてかえるさんが、ゼラニウムの葉を持って登場。その後、うさぎさん、たぬきさん、くまさんが、それぞれ人参、さといも、ふきの葉っぱを貸してくれます。ところが、どの傘も、小さすぎたり大きすぎたり、あるいは雨漏りがしたりで、なっちゃんにはしっくりきません。そこに、飼い犬のジョンが、なっちゃんの赤い傘を持って走ってきます。なっちゃんと動物たちは、自分の傘をさして歩き出します。なっちゃんの赤い傘が一際目立って、この場面に花を添えます。

動物と女の子のやりとりにほのぼのするのはもちろん、動物たちの表情にも着目です。分かりやすい文章と繰り返しでシンプルな作りになっています。動物たちの優しさに心温まり、優しい気持ちになるそんな絵本です。